目の周辺にヘルペスが出来てしまった場合の対処法などについて考えていきます

ヘルペスはウイルスの種類によって発症部位などが変わってきます。顔に出来てしまうヘルペスは特に外見的な要素も強いことから気にされる方も多いのではないでしょうか。中でも目の周辺などに出来てしまうというケースもあるので、今回はそうした部分について見ていきましょう。

目の周辺は特に乳幼児期に多いとも言われていますがその限りではありません。単純性ヘルペスウイルスにより症状の1つです。疲労や日光・発熱または酢とロイドのト用などからでも抵抗力を引き起こしやすい乳幼児期にはヘルペスウイルスが活性化されやすく、症状として発生しやすいともいえるのです。

目の周囲に赤く小さな水泡が出来てしまう症状です。よく「角膜ヘルペス」という眼科的に重要な病気をイメージされる方もおおいのですが、仮に水泡が破れて角膜に付着したとしても、すぐにヘルペスを引き起こすというわけではありません。何ら科の原因で、角膜のヘルペスウイルスに対する免疫力が低下していると発症することもあるでしょう。

具体的な症状としては、結膜が充血する・角膜が痛む・涙が出る・目やにが出るなどといった分かりやすい症状となっていますので、疑われるようでしたら早い段階で医療機関を受診されることをオススメしたいと思います。特にお子様の場合、かきむしってしまったりという可能性も高くなりますし、自己判断により症状が悪化してしまうというケースも考えられますので、ご留意ください。

また、稀ではありますが高熱をだしたりということも考えられますので重症化を避けるためにも医師の診断を仰ぐよう心がけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ