他人への印象に大きな影響を与えるであろう顔に出来るヘルペスを早く治療するには

顔に出来るヘルペスは外見的にも気になる方も多く、早く治したいという声も多い症状の1つです。顔といっても部位によってそれぞれの病名などがついていることはご存知でしょうか。今回は、そうした細かな部分について見ていきたいと思います。単純性ヘルペスウイルスである「口唇ヘルペス」は代表的なものの1つともいえるでしょう。

唇もしくはその周辺にヘルペスが出来る症状を言います。風邪を引いた・仕事が忙しいことが多いなどという場合に自覚をする方も多いようです。角膜ヘルペスと呼ばれているもので、その名前のとおり角膜に出来てしまうヘルペスのことです。できるだけ早い段階で医療機関を受診したい箇所でもありますし、小さなお子様なども罹患しやすいものであると考えられています。

また顔に出来るヘルペスは一般的には単純ヘルペスウイルスですが、水痘・帯状疱疹ヘルペスウイルスである可能性もあるのです。代表的なものが「水疱瘡」でする。水疱瘡は全身に水泡が出来てしまうので、顔に出来る可能性もまたあるのです。放置しておくと、稀ではありますが脳炎などを発症すすることもありますので「どうせヘルペスだろう」と放置しておくことは危険です。

ヘルペスの再発は、比較的に範囲や重症度も低いといわれています。ですから、何度か経験されている方ですと軽視してしまうこともあるようです。しかし、くれぐれも軽視をせずに病院を受診するように心がけましょう。もしかしたら違う要因である可能性も否めないのです。

今回は、顔に出来るヘルペスについて具体的に見ていきました。年齢問わず発症してしまうものですので、小さなお子様に関しては親御さんが気に賭けるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ