気になるヘルペスに関する情報をもろもろザっとした感じで紹介していく

顔にヘルペスが出来てしまった。そのような場合、男女関係なく気になってしまうことも多いのではないでしょうか。また、このヘルペスが日常生活に支障をきたしてしまう場合もあるかもしれません。そこで今回は「顔に出来たヘルペスはどのようなものなのか」について考えていきたいと思います。

顔に出来てしまうヘルペスのウイルスとは

顔に出来るヘルペスのウイルスについてまずは見ていきましょう。ヘルペスウイルスには8種類のものが人間に感染するものであると確認をされています。今回のケースで考えると「単純ヘルペス」であるといえるでしょう。その中でも、1型に分類される「口唇ヘルペス」がこれに該当するかと思います。

口唇ヘルペスとは?

先に触れたように単純ヘルペス1型のウイルス性疾患で、説祝もしくは飛沫により感染が一般的であるといわれています。唇や口の周りがチクチクしたり痛みを伴うかゆみなどを感じることもあるでしょう。後に水ぶくれができるというのも特徴的です。

口唇ヘルペスは、唇やその周辺に見られることがありますが、場合によっては鼻のあたりにまで箇所が広がっているという方もいらっしゃるのです。

どの程度で治るのか

水ぶくれが出来てそれが破れ、かさぶたとなることで改善がみられるでしょう。それまでの期間ですが、個々の体質や状態によって変化するものの「約2週間前後」であるといわれています。

重症化はあるのか

顔にできてしまったヘルペスですが、初めて感染をしたという場合には、大きめの水ぶくれがたくさん出来てしまうという事もあります。そうした場合、人によっては高熱が出てしまうという事もありますし、あご下のリンパ節が腫れて痛みを伴うなどという重症化もみられるかもしれません。

アドバタイズメント⇒ヘルペスの薬 http://www.idrugmt.asia/php/search.php?word=%83w%83%8B%83y%83X&act=search

ケースによっては入院し、点滴治療などを受けることもあるのですが、一般的にこうしたケースはあまり見受けられません。

気になるヘルペスに関する情報をもろもろザっとした感じで紹介していく

再発の可能性について

再発についてですが、一度治療し完治したと思われるヘルペスもそのウイルスは細胞の中に潜伏しているのです。それがまた発症してしまうという事もまた十分に考えられます。再発の場合、皮膚の赤みや水ぶくれが現れる範囲が狭くなるなど全体的な症状が軽くなるという傾向もあります。

しかしながら、この再発は必ずというわけではなく表層化しないということもあるでしょう。

なぜ出来てしまうのか

感染をしたという事も考えられますが、他には発熱や紫外線・疲労などによって引き起こされるといわれています。風邪を引いたときに顔にヘルペスが出来てしまうという方も少なくありません。これは、免疫力が低下しているからというのがその大きな理由となっているのです。

治療について

治療については投薬が主流といえるでしょう。医療機関で適正な診断を得てお薬を処方してもらうことによって改善します。早い段階で受診していただくと、症状も重症化することはまずありませんし、早く良い状態へと導けることでしょう。また、これとあわせて意識したいのが「心身を休めること」です。

簡単に言えば、疲れを強く感じているときほどヘルペスが発症しやすいともいえるのです。ですから、意識的に休養をとることも忘れないようにしましょう。

顔に出来てしまうヘルペスについて

今回は、顔に出来てしまうヘルペスについて考えていきました。女性の方などにおいては、メイクなどで隠そうとする方も多いようですが、雑菌などが入ってしまう可能性もありますので、極力避けていただければと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ