フロアコーティングの必要性

フロアコーティングなんて必要ないんじゃない?と思っている方、フロアコーティングをするのとしないのでは大きく差があります。 - フロアコーティングってなに?

フロアコーティングってなに?

新築一戸建てなどでは、床をフローリングにするところがほとんどだと思います。コストも安いですし、見た目も良いので広く普及しています。畳やカーペットと比較して、掃除や手入れがしやすいのもメリットではないでしょうか。

床はとてもデリケート

しかし、フローリングは少々傷つきやすく、年月が経ってくると少しずつ劣化していきます。そのままにすると傷だらけになったり、汚れが目立ってボロボロに見えてしまうのです。ワックスでは間に合わないこともあるため、新築の段階から対策をとらなければいけません。

フロアコーティングとは

床を傷などから守るならフロアコーティングをおすすめします。フロアコーティングとは、特定の材質で床をコーティングする方法です。ワックスは定期的に塗る必要がありますが、フロアコーティングは基本的に数十年持続します。

傷や汚れから床を守る

フロアコーティングを施せば床を傷や汚れから保護することができます。フローリングに汚れが染み込むことも防げますので、特に小さい子供がいる家庭にはおすすめです。また、コーティング剤そのものが衝撃をある程度受け止め、傷から保護する役割もあります。

種類は様々

hnguuikt
一口にフロアコーティングと言っても様々なフロアコーティング種類の材質が存在します。ガラスやシリコン、ウレタンなど複数種類が存在し、それぞれ用途や特徴が異なります。まずはしっかり材質を選ぶところから始めましょう。

フロアコーティングで床を守ろう

フロアコーティングをすれば、きれいな状態の床を長期間保つことができます。水拭きができますので、ワックスほど気を使う必要もありません。普段通りの掃除ができる点も魅力です。新築時にはフロアコーティングを検討してみましょう。
フロアコーティングは様々な材質が存在します。どんなコーティング材料を選ぶかによって、価格や耐用年数はもちろんのこと、見た目や耐久性も変わります。このため、コーティング材料が何よりも大切なのです。適当に選ぶと後悔しかねませんので、しっかり選ぶようにしましょう。

安価で高性能なウレタン

一番価格の安いコーティング材料がウレタンです。多くの業者が取り扱っています。ウレタン樹脂を使ったもので、乾燥には1〜2日ほどを要します。古くから使われている素材であり、独特のツヤが特徴となっています。耐用年数は5年〜10年です。

ツヤが美しいガラス

ウレタン以上のツヤを持つのがガラスです。ガラスはツヤの有無を選べる場合もあります。耐久性も高くてフローリングの熱変化に強く、床本来の風合いをそのまま行かせる点がポイントです。耐用年数は15年〜20年となっています。

耐久性抜群のUV

UVは少々特殊な素材ですが、耐久性には一番優れています。20年以上保つ場合も多く、他の素材よりも耐用年数は長めです。また、手入れの手間も省ける上、施工に時間がかかりません。ウレタンとは違ってすぐに乾燥します。

高級だが柔軟性のあるシリコン

柔軟性に富んでおり、汚れに強い素材がシリコンです。耐用年数は10年〜15年程度になっています。とにかく汚れが付くのがいやな方におすすめのコーティング剤ですが、取り扱っている業者の少なさが難点です。

コーティング材は慎重に

フロアコーティングの材質は、主にこの4種類から選ぶことになります。どれも一長一短ですので、しっかり見極めて自分にあったものを選びましょう。コーティング剤次第で汚れの付き具合や手入れの頻度も変わります。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

アーカイブ

フロアコーティング フロアコーティング加工